Send Anywhereクッソ便利っていう話

僕、iPhoneユーザーなのに、パソコンはWindowsだけ。

iPhoneの画像をさくっとパソコンに入れたいときってどうしてもあるの。

iPhoneMacならAirDropとかいうくそ羨ましい機能がある、Winにはない。

 AirDrop使いてぇ!!!!!!!!

 

で、見つけたアプリがSend Anywhere。くそ便利。最大10GBまで転送できる。

で、コイツ、デスクトップ版とchromeの拡張版がある。ここがまた良いのだ。

f:id:kiiringo:20170626031601p:plain f:id:kiiringo:20170626031609p:plain

UIはこんな感じ。前者がデスクトップで後者がchrome

このソフトで共有できるのは「画像」「動画」「連絡先」「ファイル」でiPhoneとPC、PCとPC、iPhoneiPhoneで共有ができるのもまた良きところ。

 

使いかたももちろん簡単。今回はデスクトップでデモ送信。

(デスクトップ版もchrome版も操作は変わらない)

f:id:kiiringo:20170626031612p:plain

1. ファイルをドラッグアンドドロップをするかソフトから選ぶ。

 

f:id:kiiringo:20170626031615p:plain

2. 10分以内に、6桁のキーかQRコードがでてくるのでこれを受信するデバイスでキーを打つか、専用アプリからQRを読み取る。

 

これだけ。AirDrop並みにシームレスで便利だ。

しかしもっと便利な面があるのだ。一番最初のデバイスにダイレクト転送という機能だ。

 

 

 

 

スマホからも簡単に送信ができて、ダイレクト転送もできる。

f:id:kiiringo:20170626031622p:plain  f:id:kiiringo:20170626031628p:plain

洗濯したら送信のボタンがでてくるので、そこを押すと先ほどのようにキーとQRがでてくるのだ。

ちなみに会員になってログインするとマイデバイスとして自分のがでてくるし、以前使ったデバイスも出てくる。

 

そうここで選択するとダイレクト転送になる。

今回はパソコンからはQRを読み取れないし、キーを打つのもめんどうなのでパソコンにダイレクト転送する

 

ワンタップ。

f:id:kiiringo:20170626031632p:plain

そうすると、ピコんと通知が。

これに関しては先ほどの9分後期限切れという表記通りパソコン側でも9分(正確には10分)以内にダウンロードしなければいけないのでは!と思う人もいるかもしれない。

 

だが違う。

 

f:id:kiiringo:20170626032843p:plain

 

 

2日なのだ。2日パソコンを触れない人は知らない。

外出中写真を撮って「これパソコンで○○しよ」っていうのが多い人は取った写真を、「写真」アプリから選んでSend Anywhereを立ち上げてもいいし、アプリから直接選んでもいい。写真アプリで編集してからそのままそこでSend Anywhereを立ち上げてもいい。

 

ちなみに読み取るとこんな感じで、受信履歴だけではなく送信履歴も残る。もちろんカメラロールに自動的に保存もしてくれるよ!

f:id:kiiringo:20170626031618j:plain

 

よかったらこのSend Anywhereクッソ便利なアプリ使ってみてください!